フィナステリド 結構お安く手に入ります。AGA(男性型脱毛)に関する有料の医療相談・承ります。遠隔診療も行いますのですでに通院されている場合はお薬だけという選択肢がありえます。 すでに他院でプロペシア(フィナステリド)だけをもらっている方も条件がそろえば遠隔診療でプロペシア(フィナステリド)を安く手にいれられます。ご検討ください。

AGA(男性型脱毛)の治療をプロペシア(フィナステリド)他でおこないます。かなりお安くなりました。

AGA

・その薄毛、AGAなの?男性型脱毛症の正しい知識と原因&対策  コラム1

更新日:

最近髪が寂しくなってきたと、人知れず悩んでいませんか?

テレビでも盛んに育毛剤などのコマーシャルを目にしますが、どんなに良い育毛剤でも、正しく使用しなければ意味がありません。それには、自分の薄毛が本当にAGAなのか、知る必要があります。AGAの正しい知識と、その原因&対策についてご紹介します。

AGAの症状とは?

AGAとは「男性型脱毛症」のことですが、休止期毛性脱毛症に分類されています。早い人では10代後半から発症することもあり、多くは40代以降の男性に見られる薄毛のことです。特徴としては、前頭部から頭頂部にかけて徐々に頭髪が薄くなります。
AGAは進行性なので、一度発症すると何らかのケアをしない限り症状は進行し続けてしまいます。気になる抜け毛や薄毛がAGAによるものなのかを知り、正しいケアをすることが大切です。

あなたのAGAチェック

ご自分の抜け毛がAGAによるものなのかどうか、以下でチェックしてみましょう。
2つ以上当てはまる人は、専門のクリニックで検査・診断をしてもらい、必要なら治療を開始しましょう。

【AGAチェック】
□祖父、親、兄弟に薄毛の人がいる
□髪が以前より細くうぶ毛のようになった
□額の生え際や、頭頂部が薄くなってきた
□思春期よりあとに抜け毛が多くなり、徐々に増えている
□1日に抜ける毛が100本より多い
□うぶ毛のような細い毛が抜ける

何科を受診すればいいのでしょうか?

よくわからに抜け毛で悩んでいる場合は、皮膚科を受診します。
毛髪とは、皮膚から出現するもので、薄毛の治療に関しても皮膚科が担っています。
AGA(男性型脱毛)とはっきりわかっているもしくはAGAの可能性がとても高い場合は、AGAの専用のクリニックも多くできましたので、受診しやすくなりました。
また、日本でも有益な服用薬が認可されており、今やAGAは治療する疾患と言えるでしょう。

AGAの原因はなんなのでしょうか?

AGAの原因を説明するには、まず毛周期(ヘアサイクル)のことについて知る必要があります。
前述したように、男性型脱毛症が「休止期毛性脱毛症」と分類されるのは何故なのかを知るためにも、まずは毛周期について解説します。

毛周期(ヘアサイクル)とは?

毛周期とは、髪の毛が生まれてから抜け落ち、また新しく生えてくるサイクルのことを言います。ちなみに、髪の毛は1ヶ月に約10mm伸びますが、1本当たりの寿命は平均で5~6年と言われています。
毛周期は大きく3つの時期に分かれます。

・成長期(5~6年)…皮膚の下にある毛乳頭が血液から栄養を取り込み、毛母細胞へ届けることで、髪が太く伸びていく。
・退行期(2~3週)…毛母細胞が分裂しなくなり、毛根が上に押し上げられる。毛乳頭は離れていき、毛が抜ける準備に入る。
・休止期(2~3ヶ月)…毛乳頭は丸くなって次の発毛まで待機に入る。栄養がいかなくなった毛髪が自然に抜け落ちる。

AGAとは、この毛周期の「休止期」にあたる時期に毛髪を作るのに必要なタンパク質を作ることができなくなり、太くて丈夫な毛を作ることができなくなるという疾患です。

通常なら1日に80~100本の抜け毛がありますが、抜け毛がそれ以上で、さらに新しく生えてきた毛がうぶ毛のような細い毛であれば、AGAの疑いが濃いということになります。

AGAの原因は?

さて、毛周期についてわかったところで、もっと詳しくAGAの原因を説明しましょう。
昨今の研究でAGAのメカニズムはかなりわかってきました。それによると、男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭細胞に取り込まれた際に、5αリラクターゼⅡという還元酵素によってジヒドロテストステロンに変化します。
このジヒドロテストステロンがブドウ糖の代謝を邪魔して、エネルギー不足となり、毛髪が育つのに必要なタンパク質ができなくなります。
この栄養不足が休止期に起こるので、髪を新しく作れなくなり、徐々に進行していくのです。

AGAになりやすい体質とは?

よく薄毛の遺伝を気にする方がいますが、AGAが遺伝するというのは本当なのでしょうか?また、AGAになりやすい体質があるとしたら、どんな体質なのでしょうか?

AGAは遺伝する?

これまで説明してきたように、AGAと男性ホルモンは、切っても切れない関係であることがわかってきました。 しかし、男性ホルモン自体は男性らしい身体を作るのに必要なホルモンで、女性であっても分泌されています。

直接の原因は男性ホルモンであるテストステロンを還元する酵素のうち、特にⅡ型と呼ばれるものです。つまり、この還元酵素「5αリラクターゼⅡ型」を体質的に多く持っている、もしくは活性の高い人が、AGAを発症しやすいといえます。

5αリラクターゼⅡ型を多く持っているかどうかは、遺伝にもよりますが、生活習慣や食生活などが複雑に影響しあっているのです。
5αリラクターゼⅡ型を、体質的に多く持っていることは遺伝ですが、だからといって、必ずしもAGAを発症する訳ではありません。

食生活や生活習慣があまりよくない方は見直すことで、AGAの予防、AGAの進行を遅らせる事ができる場合もあります。 ひどい場合はぜひ真剣に検討しましょう。

具体的にいうと生活習慣病の項目です。
高血圧
高脂血症(高コレステロール血症・脂質異常症)
糖尿病   は少なくとも正した方がベターなのは当然です。

女性のAGAが増えている!

AGA=男性型脱毛症とはいいますが、女性でもAGAになります。女性の場合は、閉経の影響を受ける更年期以降に発症するのが大多数ですが、どうして女性が男性型脱毛症になるのでしょうか?

女性の場合、卵巣や副腎で男性ホルモンが作られますが、通常では筋肉や体毛に影響を与えています。ところが閉経によって極端に女性ホルモンが減少すると、相対的に男性ホルモンが多くなって発症すると考えられています。(正確には完全にわかっていません)

しかしながら、男性に処方されるフィナステリドという飲み薬は、女性には効果がなく、それどころか妊娠中に服用すると胎児に影響を与えてしまうため、自己判断で飲まないようにしましょう。

また、薄毛が気になるからといって、市販の男性用育毛剤を使うこともおすすめできません。女性には女性の薄毛治療がありますので、まずは専門医に相談してみましょう。

AGAの予防と対策

遺伝だからAGAになるのは仕方ないと、諦めることはありません。
食事や生活習慣によって、AGAは予防できたり軽減したりすることができます。AGA対策を3つご紹介します。

【AGA対策 その① 正しいヘアケア】

抜け毛を気にするあまり、シャンプーが2~3日置きになっていませんか? 頭皮の健康は、毛髪の健康そのものですので、それには頭皮を清潔に保つことが必要です。
あまり洗浄力の強くない、合成界面活性剤がなるべく使われていないシャンプー剤を選び、1日1回、最低でも1日置きにシャンプーしましょう。 ただし人によります。 洗いすぎも悪いのは確実です。

朝シャンは、シャンプーのすすぎがおろそかになりがちで、ドライヤーの時間も長くなりますので、夜寝る前にシャンプーするのがおすすめです。 また、シャンプー仕立ての頭皮は、油分が抜けていて紫外線に弱い状態です。夜シャンプーすれば、油分が頭皮を守ってくれます。

【AGA対策 その② バランスのよい食事】

毛髪は、毛母細胞が血液から栄養を取り入れて育ちます。つまり、栄養バランスのとれた食事は、根本的に健康な髪を育てるためにとても重要なことなのです。

赤身の肉・青魚・大豆製品・乳製品・牡蠣・ワカメなど海藻類・柑橘類・玄米・長いも・れんこん  これらの食材を、1日3回に分けてバランス良く食べましょう。

これだけ食べれば髪にいいという食材はありません。あくまでも、バランス良く食べることが大切です。 また、肉や乳製品は栄養豊富ですが、脂肪分が多いため摂りすぎに注意しましょう。

【AGA対策 その③ 規則正しい生活習慣】

ストレスや睡眠不足も、AGAにとっては大きな敵です。 とはいえ、生活習慣を整えるのも難しいのが現代社会です。
まずは、起床時間と就寝時間を決め、休日でもできる限りその時間に起きましょう。 睡眠時間は6時間以上を確保できるように、生活習慣を見直してみてください。
また、夕食は就寝の2~3時間前、 お風呂は就寝の1時間前までに済ませると、入眠がスムーズになります。
テレビは入眠前には見ないことが実はとても重要な事になります。
よく眠りたいのなら・・・ですが・・・

●まとめ

AGAとはどんな疾患なのか、またその原因と対策についても詳しくみてきましたが、いかがでしたか?
まずは自分の状態を正しく把握し、正しいケアをすることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

-AGA

Copyright© AGA(男性型脱毛)の治療をプロペシア(フィナステリド)他でおこないます。かなりお安くなりました。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.