フィナステリド 結構お安く手に入ります。AGA(男性型脱毛)に関する有料の医療相談・承ります。遠隔診療も行いますのですでに通院されている場合はお薬だけという選択肢がありえます。 すでに他院でプロペシア(フィナステリド)だけをもらっている方も条件がそろえば遠隔診療でプロペシア(フィナステリド)を安く手にいれられます。ご検討ください。

AGA(男性型脱毛)の治療をプロペシア(フィナステリド)他でおこないます。かなりお安くなりました。

AGA

・AGAのいろいろな診断方法 自分でもできる? 

更新日:

指差しポーズの若い女性看護師

髪の毛が後退したり薄くなったりするのを感じている方は、AGAが進行しているかもしれません。しかしAGAには様々な原因があります。  ここではAGAのいろいろな診断方法をご紹介するのと、自分でできるセルフ診断についても言及いたします。

AGAの診断が重要な理由

「AGA」とは男性型脱毛の略号ですが、多くの男性が悩んでいる問題です。1000万人以上の方が関連しているかもしれません。 程度がいろいろありますし、本人が気にしてなければどうでも良い事なのかもしれませんが・・・

若い頃は毛がふさふさしていたのに・・・。AGAは進行性なので、徐々にだんだんと進行してしまいます。

そんなAGAの症状を早めに診断してAGAの対処をそれなりに早くできるように、今回はAGAの診断方法にまとめてみます。

AGAの原因とは?

そもそもAGAを引き起こしうる原因は分かっているのでしょうか?
AGAの主な原因としては、ホルモンの働きによるものが大きな原因であることはわかっています。さらに生活習慣によって増悪する可能性もかなりあると思います。遺伝によるものでホルモンの働きの作用が強かったり弱かったりするようです。

ホルモンの働きとしては、強力な男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」が関係します。DHTと略されている事が多いです。
「ジヒドロテストステロン」は、元の男性ホルモン「テストステロン」と体内の酵素「5αリダクターゼ」(5アルファ)が結合してできる物質です。
「ジヒドロテストステロン」は体毛やヒゲに対しては濃くしたり太くしたりする作用がありますが、女性ホルモンの働きが強い髪の毛に対しては、ヘアサイクルを乱したり髪を抜けやすくしたりする作用があります。
悪玉テストステロンとも言われています。

生活習慣によるものもヘアサイクルを乱す原因になることもあります。すべての病気に当てはまりますが、ストレスはともかく良くないです。 でも仕事が絡んだり、人間関係の問題などは避けられないものが多くどうしようもない場合が多いのが実情ですよね・・・

できることは睡眠時間の確保。あきらかな食生活の乱れは避けれるとできればベター・・・という事になります。

遺伝によるものに関しては、特に母方の祖父の遺伝子が関係すると言われています。 なぜなら薄毛の遺伝子は女性側が持つX染色体に存在し、そのX染色体を遺伝させた父側の遺伝子が影響していると考えられているからです。 (男性はXYで女性はXXです)

このようにAGAの原因には様々なものがあるのですが、かなりの部分は遺伝の問題が絡んでいます。 遺伝はどうしようもない事ですので、できる事で努力するようにした方がよいですね・・・
自分のAGAのタイプをしっかりと診断することは、適切な治療法を選ぶうえで重要な事になります。

ウィンクしながらOKサインをする女性看護師

2種類のAGA診断方法

紛らわしいAGA(男性型脱毛)の場合は専門家が見ないと分からない事もあるかもしれませんが、AGAの診断方法には病院やクリニックで行うものと、自宅で行うものの主に2種類があります。

病院やクリニックでのAGA診断

病院やクリニックでのAGA診断は、一般病院の皮膚科やAGA専門病院での検査が挙げられます。 一般内科でもよく見ている医師なら全く問題なく判断できると思います。 ちなみに私は内科医ですが、アンチエイジング(抗加齢医学会)の専門医の資格もありますし、ほとんどの医師が持っていないサプリメントアドバイザーの資格も保有しています。

専門医がいる場合には、診察も行いながら詳しく検査してもらえますし、不明点や不安な点も相談しながら行えるのは魅力ですが費用が自由診療なのでかなり高めになってしまいます。 治療方針を決定する時に選択肢がいくつかあった時などには必要かもしれませんが、そこまでする必要はいつもはありません。

一般病院での診断とAGA専門病院での診断には若干違いがあります。

一般病院はAGA専門病院に比べて、費用面で比較的安く設定されているのがポイントです。
検査の内容では一般病院よりもAGA専門病院の方が精密ですが無料相談などに簡単にいくとどうしても誘導されてかなりの出費になりますので、気の弱い方は行くときにはある程度の覚悟をしていかれた方がよいかもしれません。

自宅でのAGA診断

病院やクリニックに行くのが恥ずかしい方や検査に出かける時間が取れない方、気軽にAGA診断をしてみたいという方には、自宅でAGA診断キットを使う方法もあります。 自宅でのAGA診断キットは、遺伝子検査であるものが多いです。

自宅でのAGA診断キットは、アマゾンなどのオンラインで簡単に手に入れることができます。
値段も病院での診断より安く、13000円?~6000円で販売されています。最初に購入するだけで返送用の封筒まで全て含まれているので経済的です。

検査方法は簡単で、綿棒で口腔内を軽くこすって細胞を専用のケースに入れ、封筒で返送するだけで完了します。(返信用封筒は同封されている場合がほとんどです)
診断結果も約2週間~3週間で届き、病院やクリニックよりも早いと言われています。

外部での検査と自宅での検査、どちらを選ぶ?

遺伝子検査は何度もする検査ではないので必要に応じて、検討するでよいと思います。 一度すると定期的にする必要はありません。
治療方針が違ってしまう場合には遺伝子検査を検討するべきだと思いますが、そのような場合は多くはありません。 理由は治療方法の選択がそんなにはないし、遺伝子検査の結果が完全にはその後の成果を保証するわけではないからです。

遺伝子検査だけなら自宅での診断キットでも十分だともいえますが、本当にAGA専門クリニックに行くほどになると、もう一度遺伝子検査をすすめられるかもしれません。

しかし、本格的にAGA治療を考えている方や、頭皮の状態までチェックしてほしい方などは病院やクリニックで検査を行う方が合っているでしょう。 値段的にはそれなりに高額になってきますので値段や今後のプランなどを総合的に考えて選んでくださいね。

驚く若い女性看護師

AGAのセルフ診断

AGAの診断は自分でも日常的に行うことができます。セルフ診断に必要な項目をチェックして、AGAの予防に繋げましょう。

遺伝子的な要素をチェック

まずは遺伝子的な要素についてです。
先ほども説明したように、薄毛の遺伝子が影響しやすいのは母方の祖父の遺伝子だと言われています。
そこで母方の祖父の髪の毛の状態をチェックすることで、間接的にどのように自分にも影響しうるのかを診断することができます。

また母方の祖父だけではなく、父方の祖父の髪の毛の状態もチェックすることも大切です。 家系でAGAの人が多い場合には、日常的にヘアケアには気をつけておいた方がいいでしょう。

生活習慣の要素をチェック

生活習慣はAGAを進行させる要因として非常に注意が必要です。
また改善できる項目でもあるので、しっかりと診断してAGA予防に繋げられます。

まずは規則正しい生活を送っているのかです。
睡眠時間が十分に取れておらず5時間未満など短めな方、
運動をすることが少ない方、
過度なダイエットをしている方などは  注意が必要です。

また食生活が乱れていると、髪の毛の育成に必要な栄養素が不足してしまい、AGAの進行を招きやすくなる可能性もあります。

特に亜鉛はある程度大目にとった方がよいでしょう。

具体的に多いものをいくつか列記しておきます。含量多い順です。

魚介類など

牡蠣(かき) 有名です。
煮干し
するめ
カニ缶
うなぎ

肉類や卵など

ビーフジャーキー
豚レバー
牛肩肉
牛ひき肉
卵黄

豆・木の実など

松の実
ごま
凍り豆腐(高野豆腐)
きな粉
大豆
油揚げ
納豆

乳製品

パルメザンチーズ
脱脂粉乳
プロセスチーズ
カマンベールチーズ

お米の方が食パンより亜鉛は多いようです。
1グラム中 米 15μ  食パン 7μグラムです。

腕を組んで悩む女性看護師

他にもタバコをたくさん吸う方やお酒を飲みすぎてしまう方は、AGAが気になり始めたら注意した方がいいでしょう。 とくにタバコは残念ながら良い点は全くありません。

精神的な要素をチェック

精神的な要素でもAGAに関わることがあります。
特にストレスは、血行を悪くして頭皮や髪の毛への栄養補給を妨げたりしてAGAに関してはマイナス因子であることはまちがいありません。

ストレスをやむを得ない事が多いのですが、何か発散できる事があると良いのですが、難しい問題であることは自分も感じます。 発想を変えることができる場合はストレスは大きなチャンスともいえます。

もっと極端な事を書きますと、大きなストレス(この場合はハゲ、薄毛も含めてです)はその人に課せられた課題です。 人生に超えることのできない山はでません。 何とか変える、多くは変えられない事が多いので・・・実際には自分が変わる事への大きなきっかけになる事が多いと思います。 具体的には個人個人でいろいろなのでここでは避けますが、自分が変わるために必要な事だと思って自分が変わる事がベストな方法にありえます。

髪の毛や頭皮の状態をチェック

セルフ診断で同様にチェックが必要なのは髪の毛や頭皮の状態です。

髪の毛の状態では、枝毛があったり抜け毛が異常に多かったりすると要注意です。 ちなみにシャンプーをしすぎるのはとても悪いです。

シャンプーがどんなによくてもし過ぎは逆効果です。 この点は強く書きます。 シャンプーが売れないといけない業界は朝シャンなどのブームを作りましたが、朝のシャンプーはあまりよくない可能性が高いと推測します。

特に抜け毛の状態を見てみて、細い抜け毛や縮れた抜け毛を見つけたり、抜け毛の毛根が白くいびつな形をしていたりするのは、髪の毛や頭皮の状態がよくない可能性が高くなります。

また頭皮が痒かったり(かゆかったり)フケが出たり、蒸れたり(むれたり)する場合にも頭皮状態がよくない事の示唆かもしれません。

髪の毛や頭皮の状態が悪い時には、普段の生活習慣の乱れや遺伝的な原因のほかに、シャンプーその他のヘアケア用品の問題、使用法の問題がありえます。
例えばシャンプーをする時
にゴシゴシと頭皮を傷つけすぎていないか、
洗いのこしがないか、
アルコール系の強いシャンプーを使ってはいないかなど

をチェックしてみてください。

AGAでない可能性も?

ハゲたり髪が薄くなったりするからといって、必ずしもAGAであるとは限りません。 かなり広い面積で毛がごっそり抜けたりを繰り返したり、フケが多く溜まっていたりして洗髪をしっかりしても改善しない場合などは、AGAではなく脱毛症や感染症の恐れもあります。 脱毛症は精神的な問題では本当に起こる事もありえますので、いままでそんな事はなかった・・・というのはあまり意味がありません。 現実をしっかり受け止めて対処する事が必要です。

頭皮や髪の毛であまりにも以前とは違う異常状態を発見したら、自己判断ではなくハゲに詳しい専門家のいる病院や皮膚科のクリニックで診断してもらいましょう。

腕をクロスして首を横に振る女性看護師

AGA(男性型脱毛)診断のまとめ

AGAの診断は明らかなハゲ(禿げ)があれば悩む事はあまりないかもしれません。 ただし、ストレスが多い場合はAGA(男性型脱毛)であるとは限りませんのでAGA専門クリニックより皮膚科専門医に診てもらった方が良いので、注意が必要です。

ちなみに皮膚科専門医は皮膚科以外の看板は普通だしません。
医師が2人いる場合は別ですが、一人では皮膚科の医師は普通は皮膚科以外はみませんし、見れないことが多いはずです。
皮膚科だけが出ているクリニックなどを見つけましょう。
大きな病院では当然皮膚科専門医がいる場合が多くなります。

自分がAGAである事がはっきりした場合はAGAの原因やタイプを区別する事で、その後のAGA対策も効果を発揮しやすくなるので、病院やクリニック、事情がゆるさずクリニック・病院に行けない場合は自宅でのキットを使ってAGA診断をする事も選択肢となりえますが、できれば診断は専門家がみて判断した方がよいと思います。

ちなみに自分の場合はある程度はわかります。そのうえでAGA(男性型脱毛)と判断しにくい場合や、あきらかにAGAとは違う場合はすぐに皮膚科専門医に紹介します。 地域によってはなかなか他医に紹介しない場合もありますので 選択肢がある場合は初めから皮膚科専門医にかかった方がよい場合もあります。

 

-AGA

Copyright© AGA(男性型脱毛)の治療をプロペシア(フィナステリド)他でおこないます。かなりお安くなりました。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.