フィナステリド 結構お安く手に入ります。AGA(男性型脱毛)に関する有料の医療相談・承ります。遠隔診療も行いますのですでに通院されている場合はお薬だけという選択肢がありえます。 すでに他院でプロペシア(フィナステリド)だけをもらっている方も条件がそろえば遠隔診療でプロペシア(フィナステリド)を安く手にいれられます。ご検討ください。

AGA(男性型脱毛)の治療をプロペシア(フィナステリド)他でおこないます。かなりお安くなりました。

AGA

・AGA治療の費用を比較

更新日:

本当にAGAだと毎日のヘアケアでは抑えられなくなります。
AGAは進行性のものなので、治療するなら早めのAGA治療が大切です。

ですがAGA治療の費用は結構高いです・・・よね。
自分に合ったAGA治療方法を選び、費用対効果の高い(費用のわりに効果が高い)選択肢を選びましょう。 今回は6種類のAGA治療の方法を解説いたします。

AGA治療は保険適用外

男性特有の薄毛や抜け毛の現象を指す「AGA(エージーエー)」。AGAというのは男性型脱毛を言います。  その治療法には、市販で購入して自分でできるようなものから病院やクリニックで行うものまで様々な方法があるとされます。 (自分は専門医でもありますが本当はそんなにありません・・・こっそり言いますが断言します。騙されないようにこのページでキッチリ書いときます)

外部でAGA治療ができる場所は 一般病院と 専門病院に分けられます。
一般病院では皮膚科などでAGA治療を行っているところも多く、費用を抑えられるのが特徴です。
一方、AGA専門の病院ではより精密で詳しいAGA治療が期待できますが・・・費用が高くなる傾向があります。

しかしAGA治療は病気ではないので、基本的には保険適用外。
そのため高いAGA治療費用に困っている方は、できるだけ費用を抑えてAGA治療を行いたいと考えていると思います。 当然ですよね・・・効果が同じなら当然安い方がいいですよね。
費用を抑えたとしてもAGA防止の効果が得られなければ意味がありませんから効果も発揮しつつ、費用的にも最適なAGA治療方法を選ぶにはどうすればいいのでしょうか? これは人によって違う・・・というのが本当の所です。 AGAの程度、年齢、本人の希望などで全くAGA治療の選択肢もかわり、さらに選択したあとの方法・程度も変わってくる事になります。

そこで今回は、AGA治療として知られている方法を取り上げて、費用と効果について比較しどのような人にどのような治療が良いのか? 考えてみたいと思います。

内服薬を使う方法

最初にご紹介するAGA治療方法は、内服薬を使うものです。

内服薬では、抜け毛や薄毛の原因となりうる「ジヒドロテストステロン」の発生に関わる酵素「5αリダクターゼ」を抑えることでAGA防止効果を発揮させたり、育毛に必要な成分を頭皮に補給したりすることでAGA治療を進めます。

一般病院では普通2種類しか処方しないと思います。 なぜなら一般的にはプロペシア(フィナステリド)とザガーロが基本だからです。 AGA治療の専門病院では複数の種類から患者にあった種類を処方する事が多いと思います。 この内容は普通はミノキシジルの内服(一般的なミノキシジルは外用薬で塗る薬です) を併用して内服していると思います。 海外ではミノキシジルは内服する事は許されています。 じゃどうして日本では厚労省がミノキシジルの内服を許可していないのか? という事を知れば賢い正しい選択ができます。

ミノキシジルの内服の大きな問題点は多毛です。 しかも体のいろんなところの・・・
しかもどこにどれだけ発毛するのか?は事前に明確にはわかりません。 自分はミノキシジルの内服を自分では行った事がないので、どのようになるのか? の経験はありませんが、報告例をみているとなかなか大変のようです。

この点はAGA専門クリニックなどでは承諾書にサインをするように言われているはず・・・です。 もし、サインをしていない場合はキチンとして段階を踏んでいない事になります。 もう一度確認した方がよい場合もあります。

とくに不都合な事は契約書の分かりにくい場所、分かりにく書面(字が小さいとか)で書かれています。 読んでおいてください・・・と言われてサインをしていた場合などに書かれている場合もありますから要注意です。

ミノキシジルはまずは外用(皮膚にぬる事)から始める方が絶対に安全です。 そのうえで発毛の効果が十分ではない時に初めてミノキシジルの内服の使用を検討した方が安全・無難だと思います。

費用の相場

内服薬のAGA治療の場合、初回処方と2回目以降の処方によって費用が異なります。
費用の相場は病院やクリニック、薬の種類によっても違いますが、初回処方で大体5000円ほど、2回目以降の処方では6000円~10000円ほどになることもあります。

多くは初回だけ安くなっていますが、その後はかなり値段があがります。
よく見て確認する必要がありますが、見ていない人が多いのではないでしょうか?
プロペシア(フィナステリド) ザガーロなどは基本一生飲み続ける薬になりますので、継続する場合の値段をよく確認するのは結構大切ですよ・・・  生涯金銭の計算は重要かもです。

AGAの内服薬だけですむ場合はAGA治療の費用に比べても比較的費用を抑えることができる方法です。
また、より内服薬の費用を抑えたいという方は、ジェネリック薬品を使う方法もあります。
ジェネリック薬品だと、もっと安くなるのが一般的です。

外用薬を使う方法(ぬり薬)

外用薬を使うAGA治療方法では、育毛に必要な栄養分を届けたり、頭皮の環境を改善させたりするための成分を頭皮に外部から振りかけることでAGA治療を進めます。

理論的には効きそうですが、実際には毛根に薬液が吸収されないと薬の効果は発現しません。 実際論でいきますと、おそらくそんなには効きません・・・ミノキシジルは効きますが・・・

外用薬を使うAGA治療には、病院で処方される外用薬と市販の発毛剤があります。

費用の相場

病院やクリニックで処方される外用薬の場合、オリジナル開発された外用薬を処方されることが多いようです。
相場としては1ヶ月あたり大体15000円前後~2万円位かかると思います。

また市販の発毛剤の場合、大正製薬から販売されている「リアップX5プラス」が挙げられます。 1ヶ月分が大体7000円前後で手に入るようです。 これは効きます。 間違いなく効果ありです。この薬は学会で認められています。

育毛剤を使う方法

先ほどAGA治療の方法として市販の発毛剤については説明しましたが、より費用を抑えて手軽に始められる方法として「育毛剤を使う方法」もあります。

発毛剤は「実際に毛を生やす成分」が含まれている「医薬品」に指定される一方、育毛剤は「発毛を促進する」効果が認められているのみで、「医薬部外品」として分類されます。
費用面で他のAGA治療方法よりもより手軽にアクセスできるのはメリットですが、よりAGA治療の効果を発揮したい場合には少し遠回りな方法かもしれません。 医学的な効果に関してはあまりないはずです。

もちろん効く場合もありますが、多くの場合は育毛剤を使用しなくても勝手にはえてきたのだと予想します。
ストレス、精神的な問題、季節(じつはこれはかなり大きなストレス、寒さや温度変化など)の問題ではげていた場合などはなにもしなくてもよくなる場合があるからです。

プラセボ効果というものをご存じでしょうか? 思い込んだらビタミン剤でも効く場合がかなりあるのですね・・・
気持ちしだいでいろんな事が実際にはおこります。 可能なら前向きにハゲに向きあう方が絶対によいのですが、そんなに簡単には前向きにはなれませんので、ご本にも性格なども関係してきます。

費用の相場

育毛剤の場合には、薬局などで手に入るものからネット通販で手に入るものまで様々な種類があり、費用も商品によって大きく異なるのが特徴です。  単価で見ると5000円代~1万円を超えるものまで幅が広がります。

ネット通販されている育毛剤の場合、最大の特徴は定期便にすると大幅な割引や特典を得られることですが、実際に効くのか?は使用してみないと分かりません。 安いから定期購入にするのではなく、ちょっとは実際に使用してから使用感を確認してから定期購入にされた方が良いと思います。 育毛剤、シャンプーなどはどれを使用してもそんなには効果に差はないかもしれません。 一番重要なのは本人の使用感、使いやすさなどになりますので、まずは使用してみてから検討する事をおすすめします。

植毛をする方法

短期間でAGA治療の効果を得られる方法として「植毛をする方法」が挙げられます。
薬ではAGA治療の効果が得られなかったり、すでにAGAがひどく進行していたりする場合に選ばれることも多く、費用も高くなります。

植毛では自毛を使う方法と、人工毛を使う方法の2種類が主にあります。
自毛を使う植毛方法では、髪の毛の頭部などから髪の毛を引っ越しさせる方法を用いるので、全体的にAGAが進行している方は利用できない可能性があります。 技術的にはかなり高度なワザ(技)になりますので、選択する場合は情報をいろいろ確認の上選択すべきです。

人工の毛を使う植毛はおすすめしません。 医学的には否定された方法となります。

費用の相場

植毛の費用を見る際に、しばしば「グラフト」という単位を目にします。
「グラフト」というのは植毛する毛包の単位のことを指し、1000グラフトで大体60平方cmを指します。
自毛を植毛する方法では費用が高くなることが多く、治療する病院やクリニック、その植毛方法によっても1000グラフトあたり100万円~200万円と費用が異なります。

育毛メソセラピー

育毛や発毛に必要な成分を直接薄毛や抜け毛が気になる部分に注入することで、AGA治療の高い効果を発揮できるとして近年注目されているのが「育毛メソセラピー」です。 直接頭皮に注入することで副作用も少なく、安全にAGA治療をできる方法としても知られています。

費用の相場

育毛メソセラピーでは針を使って成分を注入する方法と、炭酸ガスの噴射などによって行う方法があり、針を使うかどうかで費用が大きく異なります。 針を使う場合の育毛メソセラピーでは、1回につき70万円~80万円ほどかかることが多く、針を使用しない場合には1回につき20万~30万と大きく費用が下がります。

育毛メソセラピーでは大体1ヶ月に1回の注入を6回行うことを推奨しているところが多いようです。
そのため最低でも6回分の費用を考慮しておく必要があります。

効果に関しては特殊な経験をもった医師がいれば別かもしれませんが・・・あまりお勧めはしません。

HARG療法

毛髪の再生治療方法としてもう一つ最近注目されているのが「HARG治療(Hair Re- generative Therapy)」です。
毛を生成するもととなる毛母細胞に直接働きかけるために、万能細胞として知られる幹細胞から抽出された成長因子AAPEなどを投入することで、毛髪サイクルを正常化させるAGA治療の方法です。

費用の相場

HARG治療は個人によって何回治療を繰り返すのかが異なり、とても少ない方で1回で終わる方もいれば6回~10回ほど繰り返す方もいるようです。  平均ではHARG治療1回につき10万円前後かかると言われています。 多くの方は3ヶ月~6ヶ月でAGA治療の効果を得られるようです。 ただ個人差があるので治療をしてみないとどれくらいで効果が出てくるのか? はっきりはわからないと思います。 実際の担当医が髪の状態などを確認するとおよその予想回数はわかるかもしれません。

 

AGA治療の費用を比較のまとめ

AGA治療の方法は内服薬から先進医療技術を使った方法まで様々です。しかし費用を低く抑えられてもAGA治療の効果を得られなかったり、繰り返すことで逆に費用が高くついてしまったりすることもあります。
自分のAGAの状態をよく知り、適切なAGA治療の方法を策定することが大切です。まずは病院やクリニックなどでAGAの状態をチェックして治療法を選択していきましょう。

-AGA

Copyright© AGA(男性型脱毛)の治療をプロペシア(フィナステリド)他でおこないます。かなりお安くなりました。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.