フィナステリド 結構お安く手に入ります。AGA(男性型脱毛)に関する有料の医療相談・承ります。遠隔診療も行いますのですでに通院されている場合はお薬だけという選択肢がありえます。 すでに他院でプロペシア(フィナステリド)だけをもらっている方も条件がそろえば遠隔診療でプロペシア(フィナステリド)を安く手にいれられます。ご検討ください。

AGA(男性型脱毛)の治療をプロペシア(フィナステリド)他でおこないます。かなりお安くなりました。

フィナステリド (プロペシア)

・プロペシアの副作用と使用上の注意点

更新日:

 

まずプロペシア(フィナステリド)は男性におけるAGA(男性型脱毛)のみの適用であり、円形脱毛症や抗癌剤等による脱毛症には無効のため適用はありません。

20歳未満での安全性及び有効性は確立されていないことから、未成年に対してプロペシアの処方はできません。 臨床実験が20~50歳の男性でした。

女性に対する適用はありませんので、女性に対してプロペシアの処方はできません。

妊婦、妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性はプロペシアを服用しないでください。(妊娠中の女性がプロペシアを服用すると、男性胎児のの正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。)

3ヶ月の連続投与により効果が発現する場合もありますが、効果が確認できるまで通常6ヶ月以上の連続してのプロペシア服用が必要である場合もあります。

基本的に6か月は継続内服をおこなってそれから初めて発毛の効果判定をおこなってください。発毛の効果を持続させるためにはプロペシア(フィナステリド)を継続的に服用する必要があります。

服用し続けた結果、効果があっても服用を中止すると効果は無くなり再び脱毛の症状が出現して病状は進行します。

★ 前立腺がんの検診を受ける場合は、検査を実施される医師にプロペシアを服用していることを必ず伝えてください。

(プロペシアの成分は前立腺がん検査で測定されるPSA値を約50%低下させるので、測定したPSA濃度を2倍した値を目安にして前立腺がん・前立腺肥大症の病状、程度を判断する必要があります。)

プロペシア服用中は献血をしないでください。

(献血した血液が妊婦や授乳中の女性の体内に入るのを防ぐためです。上記で記載していますが、妊娠中、発育途中のお子さんが服用すると男児の発育不全がおこりえますので厳禁です。) 1ヶ月間、プロペシアの服用をやめれば献血は大丈夫です。

副作用として性欲減退・インポテンツがあります。 国内での臨床試験では発現率は1.0%未満です。

副作用の詳細については下記の副作用の項目をご覧ください。

プロペシアの副作用について48週間の二重盲検比較試験

(患者さんも医師も偽薬と本物の薬の区別ができないような設定で薬を患者さんの投与して、その症状の改善と比較する最高検査比較法) が行われています。

この検査比較において、安全性評価対象276例中11例(4.0%)に145件の副作用(臨床検査値異常変動など)が認められました。

副作用の主な症状は性欲減退3例 (1.1%)、勃起機能不全2例 (0.7%)などです。
勃起不全などは気にし過ぎると強い不安から心因性のED・勃起不全にもなりかねませんので難しいですが、気にし過ぎはよくありません。

重大な副作用肝機能障害 頻度は不明ですが肝機能障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し必要な追加検査・処置が必要になりますので処方を受けた医療機関に必ず相談し対応してもらう事が必要です。明らかの変化は黄疸(目の白目のところが黄色くなくこと)やひどい全身倦怠感などです。

また原因不明の発熱や食欲不振なども肝機能障害に起因して発生する場合もあります。報告書では検査上の異常はほとんど肝機能障害

その他の副作用実態調査上では肝機能障害以外の報告はあまりありません。異常は精神的な状態、気分的な状態からの多く発生しえるので薬のためと断定する事は簡単ではありません。いずれにしろよくわからない時はプロペシア(フィナステリド)の処方医に確認してもらう方が無難です。

【効能・効果】に関して細かく確認します・・・

男性における男性型脱毛症の進行遅延<効能・効果に関連する使用上の注意

(1)男性における男性型脱毛症のみの適応です。他の脱毛症に対する適応はありません。
(2)臨床実験が20歳から50歳までを対象としておこなわれています。20歳未満での安全性及び有効性は確立されていません。
(3)女性に対する適応はありません。海外では閉経後女性の男性型脱毛症を対象とした12ヵ月間のプラセボ対照二重盲検比較試験(n=137)をおこない、フィナステリドの有効性は認められませんでした。

【用法・用量】

男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mgを 1 日 1 回経口投与する。なお、必要に応じて適宜増量できるが、 1 日 1 mgを上限とする。・・・実際問題としては現在はほとんど1mgを使用している場合がほとんどです

<用法・用量に関連する使用上の注意>

3ヵ月の連日投与により効果が発現する場合もありますが、効果が確認できるまで通常 6 ヵ月の連日投与が必要である場合もあります。 そのためプロペシア(フィナステリド)の半年の継続使用を励行してそのうえで効果判定をする必要があります。

また、効果を持続させるためには継続服用が必要です。 つまり内服を中止すると脱毛がまた進行していきます。 増量による効果の増強は、確認されていません。 本剤を 6 ヵ月以上投与しても男性型脱毛症の進行遅延がみられない場合には投薬を中止すること。

また、6 ヵ月以上投与する場合であっても定期的に効果を確認し、継続投与の必要性について検討する必要があります。 効果があまりない場合には中止の検討も必要だということです。

【使用上の注意】です

1. 慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)肝機能障害のある患者(本剤は主に肝臓で代謝されますが、肝機能障害のある患者に投与した場合の安全性は確認されていないため)
2. 重要な基本的注意 まとめます本剤の使用に際しては、以下の情報を使用予定者に提供し納得をえる必要があります。(1)本剤を妊婦に投与すると、本剤の薬理作用(DHT低下作用)により、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。(2)本剤を分割・粉砕しないこと。★本剤が粉砕・破損した場合、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人は取扱わないこと。本剤はコーティングされているので、割れたり砕けたりしない限り、通常の取扱いにおいて有効成分に接触することはないため、扱い注意。

3. 副作用

48週間の二重盲検比較試験において、安全性評価対象276例中4.0%(11例)に14件の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が認められました。おもなな症状は性欲減退で約1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)でした。(1)重大な副作用1)肝機能障害(頻度は不明): 肝機能障害があらわれることがあるので、症状観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うことが要求されます。

以上を踏まえてプロペシアでの男性型脱毛症の治療において、お薬自体を28錠単位にて処方することが可能ですが、とりあえず試してみたいという方でも効果の有無を判断するためには毎日1日1回プロペシアの服用を最低でも6ヶ月以上は継続してから効果の判断をして継続するか、中止するかの判断をする必要があります。

-フィナステリド (プロペシア)

Copyright© AGA(男性型脱毛)の治療をプロペシア(フィナステリド)他でおこないます。かなりお安くなりました。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.